犬 薬 包む

犬の薬を包むおやつで錠剤・カプセル・粉末も飲める

犬が薬をなかなか飲んでくれないのでお悩みのあなた。
犬に薬を飲ませるのが大変だとお感じのあなた。

 

犬の薬を包むおやつがあります。
おやつに包むことによって苦手な薬を飲ませることが出来ます。

 

ワンコって薬が苦手なので、投薬するのに何分も掛かることがあります。
薬を挙げるのに悪戦苦闘することもあります。
ワンコは薬が体にとって大切なものとなかなか理解出来ませんよね。
粉末やカプセルタイプを与えるのも難しいですし、錠剤は噛んだり噛み砕くこともあります。

 

なかなか薬を飲んでくれないからといって、無理やり飲ませるのも愛犬が可愛そうです。
薬って基本的に苦いので、苦さを和らげることによって飲ませる方法があります。

 

ヨーグルトや練乳に混ぜる、ドッグフードなのご飯に混ぜる、水に混ぜるなどの方法があります。
ヨーグルトや練乳は糖分が入っていますので、犬の糖分の適量を気にするようです。
ドッグフードなどに混ぜても気づかれることがあり、水に混ぜる方法は苦さが薄くなるだけです。
これらの方法は薬を1回だけ飲ますのなら有効かもしれませんが、継続的に投薬する場合はワンコも警戒しますので不向きかもしれません。

 

もう1つの方法がおやつに包む方法です。
おやつといっても薬を包む専用のものです。
人もゼリーやオブラートに包んで薬を飲むことがあります。
オブラートやゼリーがおやつに代わったものとお考え下さい。
投薬専用のおやつですので継続的に犬に継続的に与えられるのがメリットな反面、購入する費用が発生するのがデメリットかもしれません。

 

このサイトでは、犬の薬を包むおやつをご紹介します。
ワンコがストレスなく薬が飲めるようになるといいですね。

 

犬に薬を飲ませるおやつ

犬に薬を包むグッズをご紹介します。
ご参考になさって下さい。

 

メディボール

メディボールは犬の薬を包むおやつです。
特徴を挙げると

  • 獣医師と共同開発
  • 柔らかく包むことが出来る
  • 1粒つづパッケージされている
  • 味は3種類ある

 

メディボールは獣医師と共同開発した犬の投薬補助用のおやつです。
メディボールは柔らかく薬を包むことが出来ますので、手で伸ばしたり丸めたり出来ます。
よって、錠剤・カプセル・粉末、などどのような状態のお薬も包むことが出来ます

 

パッケージは1粒ずつですので、保管がしやすいです。

 

味は3種類あり、ささみ味、ビーフ味、たら味です。
たら味は低アレルゲンとなっています。
味が3種類ありますので、長期間薬を飲まなくてはいけないワンコでも飽きることがありません。

 

メディボールは3個まとめ買いをすると送料無料となっています。
※味は3種類の中から1つ選べます。

 

お申込みの流れについて

@下のピンク色のバナー(ボタン)をクリックしてメディボールのページに入ります。
Aメディボールのページ右側にある必要な個数をお選び頂きカートに入れ下さい。
B必要な情報をご入力下さい。

 

メディボールを購入の方はこちらです。

↓     ↓     ↓

 

 

愛犬が嫌がらずに薬を飲めるようになるとイイですね。

 

 

犬に薬を飲ませる方法とは

ワンコに薬を飲ませるおやつ以外の方法にはこんなやり方があります。
あなたのワンコにピッタリのやり方があればご参考にして下さい。

 

ヨーグルトや練乳に混ぜる

薬をヨーグルトや練乳に混ぜる方法があります。
ワンコはヨーグルトが好きなこともあります。
ヨーグルトは整腸作用があったりしますので、腸やお口の中にもよい影響を与えます。

 

しかし、ヨーグルトや練乳には加糖されているものが多いです。
糖分を過量に与えては体を害する可能性が高まります。
与えるならば無糖タイプのほうが無難です。

 

犬に薬を1回だけ与えるならヨーグルトなどは有効かもしれませんが、継続的に当たるには注意が必要になります。

 

ドッグフードに混ぜる

ドッグフードなどのご飯に混ぜる方法があります。

 

粉薬なら混ぜるこが可能ですが、カプセルや錠剤を混ぜるには向かないかもしれません。
カプセルから薬を出して混ぜるのは得策ではありません。
カプセルに入っているということは、薬をカプセルで保護して胃や腸まで届けるものですので、出してしまったら薬の効果が下がる恐れがあります。
錠剤も同様で、砕いて粉末にしてしまったら効果が下がる恐れがあります。

 

1回だけなら有効かもしれませんが、継続的にフードに混ぜるとご飯が嫌いになりかねませんので注意が必要です。

 

水に混ぜる

粉末タイプの薬なら水に混ぜることが出来ます。
カプセルや錠剤は上記の通り水に混ぜてしまうと効果が探さる恐れがあります。

 

その水をスポイトで直接ワンコの口の奥に入れることによって飲ませることが出来ます。
薬を水で薄めている状態なので、苦さは変わりません。
この方法も数回程度なら有効かもしれませんが、継続的にやると嫌がられる可能性があります。

 

 

このように工夫をすれば犬に薬を飲ませることが出来ます。
うまくいくかいかないかはワンコ次第になってきますので、ワンコのストレスにならない方法を見つけてみて下さい。

更新履歴
page top